中日調剤薬局グループ

中日エムエスの特徴(こだわり)

中日エムエスの特徴

 

調剤から介護事業、コンサルティングまで

創業来の調剤薬局の経営に加え、医療機関の一員として培ってきたノウハウを活かした開業医の皆様に対する医薬分業のお手伝い、及び高齢化社会の中で不可欠となる介護事業を、事業の3本柱としています。

<% plimo-loop %>
 
 
<% /plimo-loop %>
 
 

 
中日調剤薬局グループの5つの特長

Advice 親しみある 健康アドバイザーとして

患者さまに満足と安心をお届けするためには、最新の知識や確かな調剤技術だけでなく、一人ひとりの身になった対応が欠かせません。そこで、私たちは服薬指導に加え、栄養相談や健康指導を分かりやすい言葉と温かい心配りで行い、深い信頼関係を築けるように心がけています。
患者さまの不安や疑問にも真摯に耳を傾け、薬のスペシャリストであるだけではなく、いわば身近な健康アドバイザーとして、総合的に健康生活をサポートして参ります。

Hospitality 真心をこめたおもてなし

患者さまにとっての「快適さ」とは何か、日々考え、実行するよう努力しています。
その一つの答えが、他の薬局に先駆けて10年前に導入した「座り投薬」です。クリニックのドクターが診察する際に、患者さまに座っていただきながら診察を行うように、医療チームの一員として私たちも、十分なアドバイスとおもてなしを行うため、お座りいただきながら投薬を行う環境を整えています。
また、来局いただく患者さまの心理的な不安を少しでも和らげられるよう、社員全員が「気持ちのよい笑顔」を意識しています。

Communication コミュニケーションのある安らぎの医療空間

心地よい空間には、心とからだをリラックスさせてくれる力があります。バリアフリーにも配慮した清潔感あふれる明るい待合室に、ホッとする安心感と深まるコミュニケーション。
心とからだの健康をサポートするメディカルアドバイザーとしての役割を、十分に発揮するための環境づくりにもこだわっています。

System より正確、迅速な調剤のために

正確かつスピーディーな調剤を実現するには、最先端の調剤支援システムが必要不可欠。これらを導入することにより薬剤師が調剤に専念、質の高い医療サービスを支えることが可能となります。
また、変化する患者さまのニーズには、コンピュータシステムをレベルアップすることで対応。患者さまの健康管理のため、処方せんデータから薬や食品、既往歴、アレルギー、副作用まで、患者さま一人ひとりの薬歴情報を一元管理して、的確な処方せん監査を行い、安全性を徹底的に追及しています。

Professional お薬のプロとして

これからの薬剤師に求められるのは、確かな調剤技術と冷静な判断、患者さまが必要としている情報を的確に提供できるコミュニケーション能力、そしてそれを感じ取る感受性や心配りであると、私たちは考えています。
独自の研修及び地区薬剤会や薬品メーカーなどが主催する研修会に積極的に参加し、最新の医療情報や知識を身につけて服薬指導の向上に努めるとともに、「人」を大切に考えた人間教育にも力を入れ、高度なスキルと人間性を兼ね備えた、より信頼できる薬剤師の育成に努めていきます。また、薬学生の研修も受け入れ、明日を担う人材の育成にも力を入れています。

薬局店舗の設備

 

より質の高い調剤・接客を実現するために、そして投薬の安全性を高めるために、

当社では以下の設備を導入しています。

お薬手帳

薬の名前、処方日数などを記録することで重複投与や飲み合わせのリスクを減らします。
どこの病院、薬局にかかった場合でも情報を1冊にまとめていただくことが大切です。

中日調剤薬局グループでは、デザインを豊富に取りそろえ無料配布し、多くの患者さまにお持ちいただけるよう、お薬手帳の普及に積極的に取り組んでいます。

 

2次元バーコード

2次元バーコードを利用した処方せんに対応できるシステム環境を構築しています。
手入力による人為的ミスを防ぎ、よりスピーディーかつ確実な応対をご提供します。

 

ピッキングサポートシステムPORIMS

PORIMSは、医療事務の入力内容と薬剤師のピッキングのずれを防ぐシステムです。薬剤の取り間違いや処方入力ミスなどを防ぐ事で、患者さまに安心・安全を届ける事が出来ています。

Tiara(PTPシート・自動薬剤払出機)

Tiaraは、薬剤1錠単位まで正確に払い出すPTPシート全自動錠剤払出機です。処方データを受信すると払い出し待ち画面に受信情報が表示されます。払い出しの条件として、一包化や粉砕等の指示がある場合はTiaraから「払い出す/出さない」の設定が可能です。

払い出しトレーは4つに仕切られており、薬剤は1種類ずつに分かれて払い出されるので、薬剤が混ざり合う事がありません。

中日調剤薬局本店では、約250の薬剤をTiaraに充填し、調剤の約70%をTiaraから払い出しています。

 

水剤監査システム

お子さまなどに液体の薬を処方する際、患者さまの年齢や体重に合わせて細かく分量を測定することができます。

 

軟膏ミキサー

患者さまへの待ち時間を短縮する為、皮膚科の処方せんを扱う店舗では軟膏用のミキサーを採用しております。
機械によって混練作業を行うことで、より高品質で滑らかな軟膏をご提供いたします。

座り投薬について

ホスピタリティを具現化する取り組みとして、当社が特に力を入れているのが「座り投薬」です。各調剤薬局には仕切りのあるカウンターが設置されており、そこに腰を掛けていただき、薬の説明をさせていただきます。私たちの役割は、ただ処方せん通りに薬を渡すことだけではありません。患者さまのご様態を確認し、飲み方や吸入の仕方などしっかりと説明することが調剤薬局薬剤師の使命であり、正しく安全に薬を使用し、健康になっていただくことを目指しています。

 

薬袋デザイン

患者さまのニーズに合わせて、薬袋のデザインを豊富に取り揃えております。
ご希望があれば透明ジッパーでのご対応も可能ですし
小児の患者さまの多い薬局ではキャラクターがデザインされたかわいらしい薬袋をご用意いたしております。

 

電子薬歴

中日調剤薬局では、2003年より電子薬歴を導入しています。患者さま一人ひとりの情報・指導内容などを投薬した薬剤師が継続性を意識しSOAP形式で記載しています。

特に加算算定のある薬剤については、より細かく記載しております。

年に2回、薬歴監査を実施し、充実を図っています。