エムエスインフォメーション

2018.07.25更新

7/14(土)、TKP名古屋栄カンファレンスセンターにて

株式会社マイ・ポジション様主催のDr講演会が開催されました。

 

中日エムエスも毎年参加させていただいておりますが、

今年は薬剤師や登録販売者など、約90名が拝聴させていただきました。

 

今回の題目は「認知症」で、

いつも大変お世話になっております、SL医療グループ渡辺クリニック院長の渡辺正樹先生が司会をされ、

名古屋第一赤十字病院の名誉院長でいらっしゃる渡邉英夫先生をはじめ、3名の先生にご講演していただきました。

kouenkai1

 

 

題目1:名古屋第一赤十字病院 森盟先生 “今の認知症とアルツハイマー型認知症”

題目2:名古屋第一赤十字病院 本田大祐先生 “神経内科からみた認知症”

題目3:名古屋第一赤十字病院名誉院長 渡邉英夫先生 “認知症あれこれ”

 

kouenkai2

名誉院長自らご講演いただき、大変貴重なお話を伺うことができました。

難しい話題もわかりやすい言葉を選んでいただいたため、我々にも理解しやすく、

今後の調剤活動にも生かしていきたいと思いました。

 

患者さまとしっかり向き合うためにも、その患者さまの抱えている疾患や症状を正しく

理解している必要があるため、今後も積極的に研鑽を積み、患者さまに信頼される薬局・薬剤師になれるよう

日々邁進していきます。

 

先生方、この度は貴重なお時間をいただき誠に有難うございました。

 

 

 

 

投稿者: 株式会社中日エムエス

2018.06.26更新

6/16(土)に、中北薬品さんと第一三共ヘルスケアさんを講師にお招きし、

一般用医薬品の勉強会を行いました。

 

今回のテーマは「胃腸薬と皮膚用薬について」ですglitter

2018.6.16OTC1

20180616OTC2

 

一口に胃腸薬、皮膚用薬といっても様々な種類のものがあります。

ドラッグストア等で薬を購入する際に、何を選べばいいのかわからない、という経験はありませんか?

自分の症状に合った薬を選ばないと、症状は良くなるどころか、悪化してしまう場合もありますが、正しい薬を選択するのは中々難しいですよね。

 

そこで中日エムエスでは、患者さまがお困りの際に、ご安心していただけるアドバイスができるよう、今回のような一般用医薬品の勉強会も定期的に行っております。

 

調剤薬局というと、処方箋を持っていないと入りづらい、というイメージをお持ちの方もいらっしゃるかもしれませんが、

一般用医薬品の購入や、お薬の相談などでもかまいませんので、気軽にご来局していただければと思いますnico

 

お薬の事で何か困ったことがあれば「中日調剤薬局に相談に行こう」と思っていただけるような地域のかかりつけ薬局になれるよう、今後も社員一同邁進していきます!!

 

 

 

 

投稿者: 株式会社中日エムエス

2018.04.27更新

中日エムエスでは、研修プログラムの一つとして、

新入社員の疾患別勉強会を行っております。

 

text3
高血圧や糖尿病、認知症、喘息など、約30種類の疾患について、

1ヶ月間外部の講師をお招きして勉強します。

 

調剤薬局で薬剤師がお話するのは、体のどこかに何らかの疾患を抱えた患者さまであり、

患者さまに寄り添ったサービスの提供をするためには、

薬の知識だけではなく、患者様の症状や、気持ちを理解することが大切と考えているためです。

 

benkyoukai1

benkyoukai2

研修中は新入社員からは質問が矢のように飛び交います。

皆の真剣さが伝わってきますね。
中には講師の方がタジタジになる場面も(笑)

 

4月は午前中に疾患別の勉強会、午後からは先輩薬剤師の指導を受けながら調剤の勉強を行います。


研修期間は覚えることばかりでバタバタですが、

毎日新しい知識が自分のものになっていくため、皆楽しくやれているようです。

早く一人前の薬剤師になり、患者さまに安心してサービスを提供できるようになるために頑張ってくださいglitter


皆の頑張りに期待していますnico

投稿者: 株式会社中日エムエス

2018.03.20更新

調剤の業界では2年に1度、医療保険から医療機関に支払われる治療費(診療報酬)の見直しがあります。

これを「報酬改定」といいます。

今年は3年ぶりに介護報酬改定も行われ、

調剤事業部と介護事業部を併せ持つ中日エムエスグループとしてはダブル改定となり

大きな変化を強いられる年となりました。

改定年には全社員に等しく、正しい知識を持って業務に取り組んでいただけるようにと

必ず勉強会を開催しております。

今回は調剤事務員の勉強会の様子をご紹介します。

30_kaitei _01

各店舗より1名以上の事務員が参加しました。

今回は年齢別に、グループ分けをしての着席。

下は19歳、上は・・・内緒ですがpue

入社1年目の者から、勤続年数20年以上の事務員が一同となって新しい改定事項について学びます。

やはり先輩事務員のテーブルは今までの知識の基盤がありますし、

調剤報酬におけるさまざまな項目、またそれにまつわる加算点数などをきちんと把握している為

抜き打ちテストを行っても皆さま大変成績が良いですglitter3

後輩事務員においても、そういった先輩方からしっかりと

日々の業務を学んでいるなという姿勢が見られました。

改定部分をしっかり把握し、患者さまへしっかりと説明のできる社員となること。

これは最低限のことであり、さらなるプラスαとして

この改定の本質を捉え、また2年後に起こりうる変化にむけて

準備をしていくことのできる社員となること等

更なる成長を遂げるための意識改革について、常務取締役よりお話をいただきました。

30_kaitei_02

勉強会後はテーブルごとに、患者さま対応のケーススタディを学びました。

30_kaitei_03

薬局の現場でよくご質問いただく内容、またそれについての回答を発表pencil1pencil2

30_kaitei_04

同じグループの調剤事務員として皆等しく、患者さま対応をさせてただけるように

こういった情報の共有も定期的に開催しています。

30_kaitei_05

この勉強会で学んだことを基盤とし、各店舗にて店長に師事しながら

個々に知識を深めていただけることと期待していますnico

投稿者: 株式会社中日エムエス

2018.02.15更新

今月の薬剤師勉強会では外部から先生をお招きして

講演会を開催いたしました。

マリオット勉強会07

場所:名古屋マリオットアソシアホテル

講師:東京薬科大学 薬学部 薬事関係法規 益山光一先生

「これからのかかりつけ薬剤師に向けて、今、必要なこと」

~薬剤師としての価値の追求~

マリオット講演会02

先生の御講義を拝聴できる、大変に貴重な機会ということで

当社からは薬剤師を中心に約100名のスタッフが参加いたしました。

・かかりつけ薬剤師に求められる課題の整理

・医療費の問題から薬剤師にできる対応

・在宅及び緩和医療での取り組み、などを中心に

平成30年度調剤報酬改正を目前とし、これからの薬剤師がどう変わっていくべきかを

分析結果をもとに数字を交えながら明確に示していただき、大変勉強になりました。

マリオット03

講演会後は同ホテルにて、懇親会を開催wine

マリオット04

食事や演奏を交えながら

先生には社員からの質問に、1つ1つ丁寧にお応えいただきました。

マリオット勉強会06

川瀬代表取締役(左)と益山先生(中)

業務提携をしている薬研グループの加藤代表取締役(右)の3ショットにて。

益山先生、素晴らしいお時間をいただき、誠にありがとうございました!

投稿者: 株式会社中日エムエス

2017.11.29更新

健サポ

「健康サポート薬局とは??どのような薬局のことですか??」

平成28年4月から開始された制度の為、この言葉を耳にしたことがある方も多く

患者さまからもよくご質問をいただきます。

医薬品医療機器法に則ると

「患者が継続して利用するために必要な機能及び個人の主体的な健康の保持増進への取組を積極的に支援する機能を有する薬局をいう。」

ということですが、噛み砕けば

「地域の皆さまに貢献できるように、ある一定の基準を満たす薬局」と云うこととなりますni

これらの目的は企業理念とも一致しており

今月は全店にて、この概念を共有するための研修会を開催しました。

kensapo1

部長、課長クラスを中心に

各店舗ごとに1名以上の薬剤師が参加しましたihi

kensapo2

研修を終え、施設基準に関するさまざまな届出を完了してはじめて

「健康サポート薬局」としての表示が認められます。

患者さま皆さまに、より安心してお立ち寄りいただける身近な存在となるべく

中日調剤薬局グループはこれからも日々、進化し続けますglitterglitterglitter

投稿者: 株式会社中日エムエス

2017.10.25更新

kanrisha3_1

※第一回:管理者研修の記事はコチラright arrowright arrowright arrow

※第二回:管理者研修の記事はコチラright arrowright arrowright arrow

夏からのプログラムであった「人のマネジメント」を学ぶ社内:管理者研修会。

第三回目の今回をもちまして、終了となりました。

最終回ではまず、これまでの学びから実践したことを各々で共有し

今後の永続に向けて、具体的な取組みを話合いました。

kanrisha3_2

その後は「部下/後輩の指導育成」として

上司役、部下役を決めてロールプレイングを行いました。

kanrisha3_3

例)) 部下役 「なんで人事考課が必要なのですか?」

の質問に対して、上司役が返答しているシーンです。

kanrisha3_4

今回のプログラムでは

約25名の社員が無事に研修を終えることができました。

皆さまの学びが各々の職場で存分に発揮されることを、

そして今後の一層のご活躍を心より願っておりますni

投稿者: 株式会社中日エムエス

2017.09.27更新

8月の第1回目:管理者研修を終え、各店舗へ宿題を持ち帰った皆さま。

※第1回目の記事はコチラright arrowright arrowright arrowright arrow

今月の第二回目:管理者研修会では

店舗で実施したワークショップの成果を振り返り、発表するところから始まりました。

管理者研修

管理者研修ホワイトボード

管理者研修スコア

調剤事業部、介護事業部と6~7人のグループに分かれ、発表をします。

ワークショップの内容、かかった時間などを精査し「良い」と感じた順位に点数を付け

各個人のスコアをランキングします。

代表取締役や常務取締役など役員の皆さまに見守れ(見張られabon??)ながら、

緊張感に満ち満ちたムードを残しつつ、午前の部は終了!

管理者研修2日目

昼食の時間さえも惜しんで勉強中pencil2

中日調剤薬局熱田店 美人管理薬剤師:林さんと

食い意地を張りすぎて、顔がアンパンマンのようにふくれている

中日調剤薬局熱田六番店の土屋店長pue

「上に立つ者」となる道程は、大変なのですね。

管理者候補の皆さま、現管理者の皆さま、

皆さま等しく、お疲れ様でございました<m(__)m>

投稿者: 株式会社中日エムエス

2017.09.20更新

当社薬局の調剤事務員のうち、16名は

社内研修制度を利用して「登録販売者」の資格を有しており

各店舗にて、一般用医薬品を取扱う仕事も担っています。

登録販売者の資格は国家資格に位置づけられており、

医薬品を取り扱う者として資質向上の為

年間計12時間以上の外部研修受講が義務付けられています。

本年度は田辺三菱製薬(株)さまにて定期開催されている研修会に

参加させていただくことになりました。

登販勉強会

①医薬品に共通する特性と基本的な知識

②人体の働きと医薬品

③主な一般用医薬品とその作用

④薬事に関する法規と制度

⑤一般用医薬品の適正資料と安全対策

⑥リスク区分等の変更があった医薬品

⑦その他登販者として求められる理念.倫理.関連法規

上記内容を毎回、4時間みっちり勉強します。

当然、薬剤師さんの勉強会と比較すると

より素人向けに分かりやすい内容となっていることは間違いないのですが

終わった後は皆さん、いつもお疲れモードです(笑)

登販勉強会

up arrow勉強した製品を、お土産としていただけることもihinote2

現在、当社事務員のステップアップは

「主任→リーダー→課長職」となっていますが

近い将来 「→店長」というコースも誕生する可能性があるのでは!?と、

皆さまのより一層のご活躍を、心より楽しみにしております笑う

投稿者: 株式会社中日エムエス

2017.08.29更新

8月は社内:管理者研修会を行いました。

管理者研修とは、課長・店長クラスの社員を中心に行う勉強会です。

今回は2日間で合計で24名の管理者・または管理者候補の社員が参加しました。

2017.8管理者研修会

・個々の人間力の向上

・店舗、部署内のチーム力の向上

・組織力の向上

・顧客へのサービス向上 等、管理者としてのノウハウを身に着けることが

今回の研修の狙いであると、社長よりご説明いただきました。

BCon説明

今回は「Lifo」というシステムを活用したオリエンテーションを中心に

6人1グループとなって、[人のマネジメントスキル]を上げる勉強を行いました。

9:00-17:00まで、一日かけての研修でしたが

お弁当の時間だけは賑やかな時間を持つことができましたnico

研修会のお弁当

昼食タイム

来月も、第二回目の管理者研修があるので皆さま頑張ってください!

投稿者: 株式会社中日エムエス

前へ