エムエスインフォメーション

2017.02.27更新

日本気象協会発表の2017年花粉データによると

当社の在る東海地方は、

前シーズンより「非常に多い」という予測になるそうですねun

名古屋のピーク時期は3月上旬から4月中旬とのことですが

耳鼻科さんからの処方せんを中心に受けている薬局店舗については

すでに患者さまの来院数が日々、増えてきています。

 くすりと薬袋

近頃は市販されているOTC医薬品を活用する方もいらっしゃるので

中日調剤薬局でも備蓄している店舗がありますが

毎年2月下旬ごろからの処方せん応需枚数をみていると、

「やっぱり医師による診察を受け、処方してもらうのが一番確実ihi」と

お考えの患者さまが多いように感じます。

乳鉢乳棒

花粉症の症状が強く出始める前に、お早めの受診をオススメしますni

投稿者: 株式会社中日エムエス

2013.05.13更新

認知症の方の気持ち


・認知症の方の世界を理解する

例えば、認知症の方は、部屋や廊下の隅などに放尿してしまうことがあります。
そこで注意すると、「何という口のききかただ」と怒鳴り返します。
しかし、認知症の方がどうして部屋や廊下の隅で放尿してしまったかを考えて
みましょう。わざとしたのではなく、使い慣れているわが家のトイレではあって
も、認知症のためにトイレの場所がわからなくなり、間に合わなくて、部屋や
廊下の隅に放尿してしまったのです。
こうした事情を理解し、周りの人の常識だけで判断するのでなく、認知症の方
の気持ちもぜひ考えてみてください。


・認知症の方のプライドを尊重する

認知症の方がトイレ以外の場所に放尿してしまったときに、「こんなところに
おしっこをしちゃダメじゃない!」「どうしてトイレに行ってしないの?」などと
注意すると、認知症の方は反発します。
これは認知症の方の自尊心を傷つけた結果でもあります。知能は低下して
いても、幼い子どもとは違って、それぞれ人間としての自信と誇りを持って
います。
認知症の方の誇りを尊重して、困る奇異な行動があったときにも、認知症
の方をないがしろにしないでいただきたいと思います。


・豊かな感情を理解する

認知症の方は不快な場合だけでなく、何かに感動したりうれしいときにも
感情を率直に表現します。むしろ知性面の抑制が取れた分だけ、健康な
人よりも感受性が豊かです。
人目につかないような小さな野の花に感動したり、自分に対する好意に
対して全身で喜びを表現したり、周囲の人の心を和ませてくれることも
あります。
認知症の方にも、豊かな感情があるのだということを十分理解した上で
対応してあげてください。

投稿者: 株式会社中日エムエス

2013.04.24更新

⑤道に迷う、あてもなく歩き回る(徘徊)

<原因と対応>
状況を分析してみましょう
•行きつけのところや散歩に行って迷子になる
•慣れない場所で迷子になる
•特定の場所(実家、知り合いの家、公園、美容院、喫茶店、昔の職場、福祉センターなど)へ行きたがる
•家の方が不在のときに外出し、ときに迷子になる
•突然、出ていってしまう・興奮などから外にでる

外に出た場合の対応
•チャイムなどによって出ていくのをキャッチしましょう
•ついて歩きましょう
(ご近所をひとまわりなど)(バスなども利用してみましょう)
•ご近所の苦情対策をしましょう
•地域への協力要請をしましょう(交番、駅の改札口など)
外に出ないための工夫
•声をかけて、他のことに関心を向け、外出を思い止まらせましょう

<具体的な対応>
•お茶やお菓子に誘ってみましょう
•認知症の方の好みのもので誘ってみましょう
•しばらくしたら一緒に出かけてみましょう
•玄関に外出を思い止まらせるような文面の張り紙をしましょう
•やむを得ない場合は、広い空間を確保しながら鍵をかけましょう(玄関・門)
•時間を決めて散歩などに出して、満足させましょう
(行きたがる所へ、折をみて連れていき、満足させましょう)

⑥おもらしをする(失禁)<部屋の隅などでしてしまう>
(1) 原因や状況を判断しましょう
(2) 叱らないようにしましょう
(3) 失敗を未然に防ぐ方法を考えましょう
部屋の隅などでしてしまう
廊下・部屋の隅、ゴミ箱、風呂場などで排尿・排便する場合

トイレと思いこんで

トイレの代わりの容器を排尿場所におきましょう。
トイレを探しあぐねて

トイレの標示(トイレ、便所、お手洗い、かわや)などをつけてわかりやすくしましょう
未然に防ぐ方法

タイミングよくトイレに誘導しましょう

⑦家に帰りたがる(夕方症候群など)
夕方などに家に帰りたいと訴える。
認知症の方のいう自分の家は、生まれ育った家や、自分が若いころ住ん
でいた家であったりします。ですから、認知症の方の気持ちを思いやって、
否定したり説得するようなことはしないでください。
(これが「徘徊」の原因になってしまうこともあります)

具体的対応
「もう一晩泊まっていったら」などといって、思いとどまらせましょう。
一緒に出かけていって、要求を満たした上で、別のことに気を向かせて、思いとどまらせましょう。

(参考・抜粋 エーザイ株式会社ホームページ)
http://www.e-65.net/


次回は認知症の方の対応方法のまとめ(気持ちを理解する)について解説します。

投稿者: 株式会社中日エムエス

2013.02.04更新

③夜眠れない、昼と夜を取り違え、騒ぐ

・不眠・昼と夜の取り違え

・眠りが浅い

・早く目が覚めたり、夜中に目を覚まし昼と勘違いする

・混乱している・大声をあげて騒ぐ

〔具体的対応〕
夜であることを話し、眠るように促しましょう

〔基本的対応〕
眠らせるための工夫をしましょう。

〔具体的対応〕
・入浴させてから寝かせましょう。

・快適な寝具(暖かくて軽い)を用意しましょう。

・興奮させるようなテレビを見せるのはやめましょう。

・隣に寝てあげましょう。

・軽食や温かい飲み物をとらせてあげましょう。

・寝る前に布団の上で軽い体操・マッサージをしましょう。

〔予防的対応〕
日中を活動的にしましょう

〔具体的対応〕
・会話を心がけましょう

・散歩をすすめましょう

・軽い作業(家事、庭仕事、ペットの世話など)をしてもらいましょう

・軽い運動(体操、踊りなど)をしてもらいましょう

・デイケアを利用しましょう

〔医療的対応〕
・身体状態のチェック

・薬物療法を行う

④食事をしたのに「食べていない」という

・何度も食べたものを要求する

・食べたことを忘れる
〔その場で対応〕
•「さっき食べたばかりでしょう」といってて納得させようとしない

•次に食べられる時刻を示してあげる

•食事の支度中であることを話してあげる

〔それでも要求する場合〕
•長持ちするあめ玉や軽いおやつを渡して満足させる。

•おやつなどを少量ずつわたしてみる。

〔原因を考える〕
•満腹中枢が侵されている

•欲求不満を食べることで満たす


次回は認知症介護の具体的対応法(後編)について解説します。

(参考・抜粋 エーザイ株式会社ホームページ)
http://www.e-65.net/

投稿者: 株式会社中日エムエス

2012.12.04更新

①財布や通帳が盗まれたという(物盗られ妄想)

・お茶を飲ませたりして、関心をそらしましょう。

・一緒に探すことを提案し、行動を起こしましょう。

・探してもないことがわかっているものや、毎回時間を
かけることがたいへんな場合は、別の代替品を用意
しておき、渡して納得させましょう。

〔繰り返される場合は〕
・財布などは最低限の小銭を認知症の方が保持し、
あとは家族などに預けておきましょう。

・入れる場所を決めておきましょう。

・よく隠す場所の見当をつけておきましょう。

〔言わないようにしましょう!〕
「冗談じゃないわ。私が盗るわけないでしょ」
「どこかにしまい忘れたんじゃないの?」
「ちゃんと探したの?」
「自分で隠したんじゃないの」


②存在しないものが見えたり聞こえたりする(幻覚)

夕方や夜間、天気の悪いとき、昼寝のあと、体調の悪いとき、
視力障害や聴力障害のあるときなどに、実際にないものが見
えたり(虫がいるなど)、聞こえたりする

〔その場で対応〕
・訴えを受け止めましょう
(本人には見えたり、聞こえたりしているので、否定しない)

・話のつじつまを合わせましょう
嫌がっているものが見えるようなら、追い払ったり、片付ける
格好をしましょう

〔おさまってから(ふだんからの)の対応〕
・照明の工夫によって、部屋を明るくしましょう。

・幻覚を誘発しているもの(壁のしみなど)があれば取り除いて
おきましょう。

・視力、聴力の障害があれば調整しましょう

〔言わないようにしましょう〕
「そんなもの見える(聞こえる)わけないでしょ」


次回は認知症介護の具体的対応法(中編)について解説します。

(参考・抜粋 エーザイ株式会社ホームページ)
http://www.e-65.net/

投稿者: 株式会社中日エムエス

2012.11.02更新

◆認知症の方の接し方の原則

認知症の方の症状や行動はさまざまなものがありますが、大きく2つの特性にわけて考えてみます。
一つは「事実の誤り(現実のとり違え)」、二つ目は「失敗行動」です。各々の問題が起きたときには下のような原則で対応します。


事実の誤り(現実の取り違え)
・財布などを盗られたと疑う
・実際に存在しないものが見えたり聞こえたりする
・人をとりちがえるなど
      
         ↓
       
事実の誤り(現実の取り違え)に対する対応の原則
・否定しないこと(逆らわない)
・話題・場面をかえ、関心をそらせる
・認知症の方の認識に合わす



失敗行動
※介護者の負担が大きく、対応がとても重要です。
・失禁
・徘徊
・不潔行為など
         ↓
失敗行動に対する対応の原則
・叱らない、説得しないこと
(禁句)「ダメじゃない」「いけません」
・失敗しないような状況(環境)をつくる
・行動の動機や背景を考え、それを満たす



次回は認知症介護の具体的対応法について解説します。

(参考・抜粋 エーザイ株式会社ホームページ)
http://www.e-65.net/

投稿者: 株式会社中日エムエス

2012.10.02更新

『認知症』とは脳や身体の疾患を原因として、記憶・判断力などの障害がおこり、
普通の社会生活がおくれなくなった状態と定義されています。
認知症の初期症状で最も多いのはもの忘れですが、それ以外の症状ではじま
ることもあります。
意欲、自発性の低下(やる気がおこらない、これまでやっていた事をしなくなった、
ものぐさになった)やうつ症状、言葉の障害、注意力低下なども認知症の初期
症状のことがあります。

◆『認知症』と『もの忘れ』の違い
認知症は、はじめのうちは歳のせいによるもの忘れとの区別がつきにくい病気で
す。大きな違いの一つとして、認知症は体験のすべてを忘れてしまうのに対し、
歳のせいによるもの忘れは体験の一部を忘れているという点があげられます。

◆中心となる症状
<記憶障害>
・同じことを言ったり聞いたりする。
・しまい忘れや置き忘れが目立つ。
・直前のことも忘れてしまう。
・蛇口やガス栓の閉め忘れ。

<見当識障害>
・今がいつなのか、ここはどこなのか、わからなくなる状態。

<判断力の低下>
・寒くても薄着のまま外に出る。
・真夏でもセーターを着ている。

次回は認知症の方への対応方法について解説します。

(参考・抜粋 エーザイ株式会社ホームページ)
http://www.e-65.net/

投稿者: 株式会社中日エムエス

2012.09.06更新

3 水分を十分にとりましょう
水分を十分とって尿量が増加すると、尿酸の排泄量が増加します。一日の尿量が2リットル以上になるよう水分を十分補給しましょう。特に就寝前の飲水は効果的です。しかし、炭酸飲料やジュースなどの糖分の多い飲み物は、エネルギー摂取が増加しますのでおすすめできません。普通の水・お茶・ウーロン茶などが適当でしょう。

4 野菜を十分にとりましょう
尿は食事のとり方により酸性・アルカリ性が多少変化します。尿酸はアルカリ性〜中性によく溶けるので、野菜、いも類、海藻類などのアルカリ性食品を十分にとり、尿をアルカリ性に保つことが必要です。新鮮な野菜の摂取は、水分補給にも役立ちます。 ただし、果糖の過剰摂取は尿酸値を上昇させますので、果物はとり過ぎないようにしましょう。

5 アルコールは控えましょう
アルコールをとりすぎると尿酸の排泄が悪くなり、尿酸値を上昇させます。またアルコール自体エネルギーが高く、食欲増進にもつながります。ビールは麦芽由来のプリン体を多く含んでいるので注意が必要です。アルコールの摂取は原則禁止です。 医師から許可のあった場合でも一日200kcal程度、ビールなら500ml(中びん1本)、日本酒なら180ml(1合)、ウイスキーなら60ml(ダブル1杯)までとして、連日の飲酒はやめましょう。

6 一日の食事は3食規則正しくとり、栄養のバランスが偏らないようにしましょう
毎食、主食・主菜・副菜を組み合わせてとり、バランスを保ちましょう。

7 食塩の多い食品は控えましょう
高血圧は、痛風に頻度の高い合併症です。味付けも、うす味にしましょう。


(参考・抜粋 東京都病院経営本部ホームページ)
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/eiyou/tsufu.html#link02

投稿者: 株式会社中日エムエス

2012.08.02更新

痛風(高尿酸血症)と診断されたら、以下の点に気を付けて食事療法に取り組みましょう。

1 肥満傾向の人は標準体重にしましょう
体重が増加すると尿酸値の増加がみられます。太っていて尿酸値の高い人は、過食に注意し減量を第一選択としましょう。ただしあまり急激に体重を減らすと、尿酸の産生が過剰となり尿酸値が上昇するので注意が必要です。

2 プリン体を多く含む食品の摂取は控えましょう
尿酸は体内で一日に約700mg産生されます。これに対して食事からのプリン体摂取は尿酸にして300〜400mgなので、食事でプリン体を厳しく制限するよりも体内での生成を抑えるほうが有効です。 現在では薬も開発され、以前ほど食事の「プリン体」制限が厳しく考えられなくなってきています。しかし、尿酸は水に溶けにくく排泄量が少ないことから、食事でのプリン体制限も必要となります。

食品中のプリン体は細胞中に存在しているため、ほとんどすべての食品に含まれます。特に多い食品としては、細胞数の多い魚・肉類の内臓類(あん肝、レバーなど)や、いわし・うに・かになどがあります。プリン体は水に溶けるので、肉や魚からとったスープに多く含まれます。濃厚なとりがらスープやとんこつスープなどにも注意が必要です。

プリン体の多い食品と少ない食品(mg/100g)

極めて多い (300mg~) 鶏レバー、マイワシ干物、イサキ白子、鰹節、
あんこう肝酒蒸し、煮干し、干し椎茸
多い (200~300mg) 豚レバ―、牛レバー、カツオ、マイワシ、
大正エビ、マアジ干物、さんま干物
少ない (50~200mg) ウナギ、ワカサギ、豚ロース、豚バラ、
牛肩ロース、牛肩バラ、牛タン、マトン、
ボンレスハム、プレスハム、ベーコン、
ツミレ、ほうれん草、カリフラワー
極めて少ない (~50mg) コンビーフ、魚肉ソーセージ、かまぼこ、
焼きちくわ、さつま揚げ、カズノコ、スジコ、
ウインナソーセージ、豆腐、牛乳、チーズ、
バター、鶏卵、とうもろこし、じゃがいも、
さつまいも、米飯、パン、うどん、そば、
果物、キャベツ、トマト、にんじん、大根、
白菜、ひじき、わかめ、こんぶ



次回は痛風(高尿酸血症)における食事療法のポイント(後編)について解説します。

(参考・抜粋 東京都病院経営本部ホームページ)
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/eiyou/tsufu.html#link02

投稿者: 株式会社中日エムエス

2012.06.27更新

1 外食はエネルギーの高いものが多いので、選び方に注意しましょう
主食(ごはん・パンなどの穀類)・主菜(肉・魚・豆腐など)・副菜(野菜類)のそろった外食を選びましょう。

2 適度な運動を心がけましょう
適度な運動は、肥満、高脂血症、高血圧などの改善に効果があり、ひいては痛風治療に役立ちます。しかし、急激に激しい運動をすると、体内での尿酸の合成が促進されて一時的に尿酸値が上昇、運動の結果産生した乳酸によって排泄も抑制されて、体内の尿酸が増加します。また、大量に汗をかいて血液が濃縮されることによっても尿酸値は上昇します。適度な運動を心がけることが重要です。

3 ストレスをためないようにしましょう
痛風の発作はストレスがたまっているときに起こりやすいともいわれています。十分に休養して、ストレスを上手に解消しましょう。


次回は食事療法のポイントについて解説します。

(参考・抜粋 東京都病院経営本部ホームページ)
http://www.byouin.metro.tokyo.jp/eiyou/tsufu.html#link02

投稿者: 株式会社中日エムエス

前へ